新生銀行レイクを利用する時に必要な書類

新生銀行レイクでキャッシングをするには、インターネット申込みや自動契約機を利用した申込みの方法があります。申込みをする際に必要になるのが本人確認書類ですが、申込み方法に係わらず必ず必要となります。本人確認書類が申込み時に必要となるのはレイクだけではなく、どんな金融機関でお金を借りる時にも同様となります。

 

本人確認書類を提出するという事は仮審査に通ったという事が言えますので、書類の提出後に特に問題が無ければ契約へと進む事ができます。

 

現在は銀行の扱いとなっているレイクですが、消費者金融であった頃のノウハウを活かした素早い審査は即日キャッシングに欠かせない条件でもあり、その点でもレイクは人気を集めているようです。インターネットからの申込みにより、実店舗に出向かなくてもキャッシングが可能になります。

 

 

 

【レイクに提出する本人確認書類とは】

 

本人を確認する為に必要な書類として最もスタンダードとなっているのは運転免許証ですが、レイクでも基本的には運転免許証の提示をします。運転免許証を持っていない人ならば健康保険証かパスポートのどちらかがあれば大丈夫です。

 

また外国人であってもキャッシングは可能になっているので、在留カードや外国人登録証明書ともなる特別永住者証明書の提出が必要になります。

 

このように本人確認書類は、お金を貸す利用者の身元を確定する為の物となるので、この書類を提出するまでは手続きが進まない事になり、即日融資も難しくなります。即日融資を希望する場合には、書類の提出後に審査が行われ午後2時までの契約が完了する必要があります。更には2時45分までの振込みの申込みをしなくてはなりません。店舗まで行かずにキャッシングを行うには以上の時間を厳守する必要があります。それでもその時間を過ぎてしまった場合には、自動契約機を利用してカードを発行します。そしてその後にATMでキャッシングをすると即日キャッシングが可能になります。レイクのATMでは夜の12時までキャッシングが可能になっている他、コンビニのATMならば24時間いつでもキャッシング可能です。

 

ただしその場合にも時間に注意する必要があり、自動契約機の営業は夜の9時までとなっているので、それまでに契約を完了させる必要があります。

 

初めてのレイクというフレーズでAKB48などを起用してCM展開しているレイクですが、正直、プロミスなどのほうがいいという評判もあります。

 

【レイクで100万円を超えるキャッシングをするには収入証明書が必要】

 

キャッシングで収入証明書が必要になる借入金額はそれぞれの金融機関によって大きく異なります。消費者金融ならば総量規制の対象となっている為に、一律50万円を超える借入れの場合に収入を証明する書類が必要になります。

 

レイクの場合は銀行である為に50万円を超える借入れでも収入証明書の提出は必要ありません。書類の提出が必要になるのは、100万円を超える借入れという事になっています。
収入証明書類とは具体的には前年度分か直近の分の源泉徴収票もその1つとなります。または市区町村の役所で発行された前年度分か直近の分の課税証明書も同様となります。その他には直近3か月以内において2か月分の連続した給与明細や直近の賞与明細も収入証明書の書類となります。
給与明細については氏名や社名、明細の発行の日付や所得の金額が明記されている物に限られます。また手書きの明細の場合では社印が押印されている事が必要となります。100万円を超える金額のキャッシングを希望する場合には、事前に書類の準備が必要になります。

 

尚100万円を超えない借入れの申込みであっても、場合によってはこのような書類の提出を求められる場合もあるので、レイクでキャッシング申込みをする際には書類の用意をしておくと即日キャッシングを希望する場合には良いかも知れません。

 

レイクでお金を借りる方法

ネットが世の中に広まってからはPCやスマホなどでお金を借りれる

ネットが世の中に広まってからはPCやスマホなどからもお金が借りられるようになったため、お手軽な感じで使うことが可能でしょう。とはいえ、キャッシングすることができるのは18歳、或いは、20歳以上である人かつ職に就いている人で一定の収入がある人になります。

 

 

 

キャッシングの金利は借りる会社によって異なっています。できるだけ低い金利のキャッシングの会社を見つけるというのが大切です。
キャッシングの査定では、属性の審査、書類の審査、在籍の確認、信用情報などの項目の確認を行います。
このような基本的な情報を確かめて、お金を返す能力があるかを見定めるのです。申し出した情報に嘘があると、審査から外されてしまいます。既に多額な借金があったり、事故を起こした情報があると、キャッシングの審査に通らない見込みが高いです。キャッシングとカードローンは、異なるものではないものだと考えしまう場所がありますが、実際には違います。返済の方法が異なり、キャッシングは一括で払うのが一般的で、ほとんどの場合が分割払いなのか、カードローンというような違いがあります。

 

 

 

ということは、少しだけカードローンよりも、キャッシングの方が良いかもしれません。

 

 

 

キャッシングとは例えば銀行などの金銭を扱う組織から小額の融資を授受することです。

通常、お金の借り入れは保証人や担保を用意する必要があります。しかし、キャッシングする時には保証人や担保を提示することを求められません。他人を装ってないと判る書類があれば、基本的に資金を融通して貰えます。
以前キャッシングで借り入れをしていた場合、過払い金請求ができるケースがあります。

 

請求を行いたい場合には司法書士や弁護士の先生方を経由して、内容証明を送付してもらい、手続きを行うことで、戻ってくることがないわけではありません。まずは無料相談を利用してカウンセリングを受けてみましょう。
任意整理が終わった後、任意整理の打ち合わせをした業者から借金することはできなくなります。
でも、任意整理が終わった後、色々なところで借りた借入金を返してなくなったら、5〜10年も経過すれば、信用情報機関に記載された情報がキレイに消されますので、その後はお金を借り入れすることができるようになります。

 

キャッシングの審査の際、属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報などの確認を行うことになります。

 

 

これらのベーシックな事項を審査して、当人の返済能力を判断することになります。偽りの内容を申告すると、審査は通りません。
もう既に大きな借金があったり、過去に問題があったことが認められると、キャッシングの審査をパスするのが難しくなります。
プロミスのキャッシングサービスは、ネットと電話と店頭窓口、さらにATMの全4箇所から申し込みをすることができます。

 

三井住友銀行、若しくはジャパンネット銀行に口座を持っていれば、受付が終了してからものの10秒ほどで振込みがなされるスムーズなサービスを利用することが可能です。女性専用ダイヤルの他、30日間の無利息サービスがあるのもプロミスにしかないキャッシングの魅力といえます。借入はコンビニでもできるのが好ましいですよね。
他人が見た時に、キャッシングしているのか、お金を出しているのか、お金を入れているのかバレない点が都合の良い点だと思います。

 

24時間対応可能なキャッシング

24時間対応可能なことも急いでいる場合に、上手く賢く利用できるかもしれません。

 

自分に合った金融機関で人により借りられる額が異なり、急を要する即日の融資だけではなく、300万以上の必要なまとまった額にも、すぐに受け取り可能です。

 

融資までの流れがスピーディーで、早くお金を手にすることができますなにより簡単で、便利です。カード利用で借りると一般的な方はそうでしょう。

お金を借りることが出来なかった場合審査落ちる?

収入が不十分であったり、借金過多であるという理由があるケースでは、不承認の場合があります。
しっかり活用できるように条件をクリアすることが必要です。借金の判定では、属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報などのことを確かめます。

 

このような基本的な情報をチェックして、返済する能力があるかを評価するのです。申告情報に偽装した情報があると、審査する際落ちてしまいます。既に多額な借金があったり、事故情報があったりすると、キャッシングを行う審査に当てはまらない可能性が高いです。

 

私も先日、このお金を借りるほう法を試して助かりました。